バイクに乗りたくてカードローンを使う

男性・20代
接客業(アルバイト約一年)兼大学生
その当時大学4年生でアルバイトをしておりました。
別の信販会社でローンの未納を何度か繰り返した経験が有ります。

当時のバイトは

20歳の頃で、夜の居酒屋の仕事でその当時の勤務暦は約1年勤めていました。

バイクにどうしても乗りたかった

もともとは免許(普通自動二輪)の取得とバイクの購入をローンでと目論んでいたのですが、審査上保証人(親御さんが理想)が必要との回答でどうしても親に頼むことが出来ませんでした。
諦めかけていたところ友達が利用している話を以前より聞いていたので、かなり有名なカードローン会社だったのでネットで調べて審査だけでもネットで試したところ(確か仮審査だった記憶がありますが・・・)OKだったのであとは自動契約機に行き契約いたしました。

誰にも相談せず

僕の場合は紹介してくれた友達には相談しましたが、それ以外の家族や友人には一切相談はしなかったです。

バレるかビクビクしていた

一番不安だったことはその当時は借金=悪い事と解釈していたので、両親にだけはバレたくないと言う気持ちが一番ありました。
ただ個人情報の管理や手紙の配送などの配慮はかなりすごくて、借りていた期間は指定した番号(僕の所有の携帯)以外は連絡は一切ないし、もちろん自宅に手紙が届くこともなにもなかったです。
両親にバレたくない気持ちが強かったので、当然ではありますが返済はしっかり計画的に行ってはいました。

思ったよりカードローンがよかった

今はもう返済してますが、また困ったら利用しようと思います。
理由としては、正直即日融資ができるのと手続きが早いこと、そしてしっかり計画さえもって借りる事になにも問題は発生しない事が前回借りた際に勉強したからです。

楽だった返済方法

僕はいつもセブン銀行を使い返済していましたのでわざわざ自動契約機に行く必要もなかったです。(これはカードローン会社によりかわることもあります)
困ったことは特にないのですが、しっかり返すことで信用が上がるせいかすぐに与信枠が上がる勧誘電話が入り、意味はなくとも上げてもいいかなと無駄に与信上げてしまいそうになることくらいです

計画性が大事

カードローンは計画性としっかり返済ができる分別さえ自分でルール付けさえ出来れば何も怖いことはありません。
自分のお金と思ってぽんぽん借りたり与信上げたりすることを繰り返すのは危険なので「借りている」と言う認識をしっかりもっておけば大丈夫だと思います。